五葉山太陽光発電ブログ

2014年01月06日

安全祈願祭を行いました

新年の仕事始めにあたり 五葉山のふもとにある五葉山神社にて

安全祈願祭が執り行われました。

 厳かな雰囲気のなか、建設工事及び全工事関係者の安全を願いました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

・・・がここで疑問が。ふもとに神社?五葉山の上にあったはず?

工事場所から さらに登ったところにある 「五葉山神社」。

20131204_五葉山神社

五葉山の上に神社があるとばっかり思っていましたが、ここは奥宮でした。。。

2013年12月21日

二種類の杭を使っています

五葉山の自然地形をそのまま維持するため、傾斜地に杭を打っています。

打つ場所によって、2.4mと3.5mの二種類の杭を使い分けています。

 20131205_杭

この杭、実はドイツ製なんです!よくよく見るとドイツっぽい?(笑)

ドイツからはるばる約2か月かけて、太陽光発電のため日本にやってきます!

 

2013年12月12日

地域の道路清掃活動をしています

定期的に地域の道路清掃活動をしています。

年4回行い、次回は3月の予定です。

20131212_地域清掃活動

道路はきれいに見えますが、よくよく見るとゴミがいっぱいありました。

どんなゴミがあると思いますか?

多かったのは、たばこの吸い殻と飴の袋。

でも、びっくりしたのはタイヤのホイール!(なぜに?)

ゴミは自分で持ち帰りましょう♪

2013年11月29日

ホームページを開設しました

maeda boy

 五葉山太陽光発電事業のホームページにようこそ。

事業の内容、工事の進み具合などを中心に お伝えしていこうと思いますので、よろしくお願いします。

2013年11月01日

杭の設置が進んでいます

紅葉が見ごろです。とてもきれいです。

夏の写真と比べてみると、また一味違った山の魅力を感じます。

20131101 紅葉     Exif_JPEG_PICTURE

 

 

杭の設置も進んでいます。

一見 無作為に設置しているように見えますが、位置も高さも設計どおりです。

精度よくきちんと 安全に 工事を進めていきます。

杭 施工完了

2013年10月01日

架台基礎の杭工事が始まりました

 太陽光パネルの架台基礎となる杭を地面に打ち込む工事が始まりました。

杭の下側にはスクリューがついていて、ネジのように地面にねじこんでいきます。

これからこの杭を、3万本以上  打ち込んでいきます。

工事についてはこちらをご覧ください。

杭1 杭2

2013年08月26日

準備工事を進めています

201309

準備工事として、仮設道路を設置しています。この道路は発電設備を搬入設置する際に使用します。

材料は砕石、いわゆる砂利です。事業終了後は砕石を撤去して元の牧野に戻す計画です。

2013年07月24日

杭の試験施工をしています

201307

太陽光パネル架台は杭を地面に打ち込んで固定します。その杭の支持力を検証するため、試験施工を行いました。 この土地は地中に岩を多く含んでいます。通常の杭では岩に当たって打ち込めませんが、今回は岩でも打ち込める特殊な工法を採用しました。

発電事業期間は20年間にわたります。この長期間、発電所の安全を確保するため、十分な強度と耐久性を持った設計を行っています。

2013年06月11日

起工式が行われました

news_p_01

五葉山太陽光発電所の起工式が、現地の大船渡市日頃市町上甲子地内の五葉牧野で行われました。県や市をはじめ、東日本未来都市研究会、市農協、大船渡商工会議所、地元の住民の方々など、多くの皆様にご出席頂きました。平成26年度末の完成を目指し、安全に工事を進めてまいります。

4 / 41234